ごあいさつ会社紹介

TMCが所属するBYDグループは、1994年に中国で創業した企業グループです。当初は二次電池部品の製造からスタート。時代が環境にやさしい製品を求めるなか、着々と事業領域を拡大。今日では、携帯電話やパソコンをOEM供給するIT事業、ソーラーパネルと蓄電池を組み合わせたエネルギー事業、そして電気自動車等を開発・製造する自動車事業を3本柱に、スマートシティの実現に貢献できる世界的にも稀有な企業グループに成長しています。

特に、自動車事業においては、早くから環境にやさしい電気自動車(EV)の開発に注力してきました。今日では、日本を含め世界で36の国と地域でBYDグループが開発・製造したEVバスと乗用車が走行するとともに、乗用車の分野でもドイツのダイムラーベンツと合弁会社を設立。共同開発した新型EV「DENZA」は、早くも中国のEV市場でナンバーワンの人気になっています。

こうしたBYDグループの1社として、新たな成長戦略を描いているのが私たちTMCです。先の新型EVの開発にあたっても、BYDとの緊密な協業体制のもと、外板パーツの金型づくりを一手に担いました。つまり、BYDグループの仲間入りを果たしたことでTMCは、これまで培ってきた技術ノウハウをスマート社会の実現に活かしていく機会を得たのです。このチャンスを捉え、BYDグループとともにTMCの優れた技術を世界に発信していきたいと考えています。

TATEBAYASHI MOULDING 株式会社
代表取締役会長
劉 学亮