会社概要・沿革会社紹介

会社概要

社 名 TATEBAYASHI MOULDING 株式会社
代表取締役 会長  劉 学亮
社長  髙草木 健一
所在地 〒374-0057 群馬県館林市北成島町2592
資本金 190,000,000円
従業員数 118名(2019年4月 現在)
生産品目 自動車用プレス金型の設計・製造
主要取引先 BYD Auto Industry Company Limited
(比亜迪汽車工業有限公司)
TEL 0276-72-0694
FAX 0276-73-5742

沿革

社内事項
和 暦 西 暦
S.46年 1971年 大和金属(株)を荻原工機(株)に改称、
館林市成島2592番地に新工場(1,042㎡)を建設、移転 
資本金250万円、人員は工場長以下24名
S.47年 1972年 資本金500万円の増資
S.51年 1976年 670㎡の仕上工場を完成
ダイスポッティングプレスを設置
S.52年 1977年 HD400tトライプレスを導入
S.53年 1978年 大隈鉄工所製NC制御型彫機、大型プラノミラー、No.3フライス盤2基などを導入
従業員は70名
S.55年 1980年 仕上工場を倍増
HD600tトライプレスを新設、デジタル付レイアウトマシンを導入
S.60年 1985年 工場建物373㎡を増築
H.12年 2000年 ISO9001取得
H.16年 2004年 荻原工機(株)から(株)オギハラ 工機工場へ変更 
H.17年 2005年 (株)オギハラ 工機工場から(株)オギハラ 館林工場へ改称
H.22年 2010年 4月 TATEBAYASHI MOULDING(株)創立
H.24年 2012年 BYD初のリモコン操作可能な自動車「速鋭」に、主要なアウター・インナー部品のプレス金型を提供
H.25年 2013年 中国で最も売れているエコカーとなったBYD主力PHVの「秦」に、主要なアウター・インナー部品のプレス金型を提供
H.26年 2014年 BYDとダイムラーの共同開発EV車「DENZA」に、主要なアウター・インナー部品のプレス金型を提供
H.27年 2015年 BYD初の電動式四輪駆動PHV SUV車「唐」に、一部のアウター・インナーのプレス金型を提供

大隈 MCR-B3-Ⅱ導入
H.30年 2018年 非接触3D測定器 ScanBox導入