当社が手掛けるプレス金型は、自動車ボディの骨格をなす車体部品を製造する金型です。そのため、求められる品質や精度も非常にシビアなものがあります。当社では、そうしたニーズに応えるため、独自の品質保証体系図に基づき、引き合い・受注から損益計算まで各部署の関わりと業務内容を明確にした品質保証体制を構築。各工程において、自部門で保証し次工程に引き継いでいく方式で品質の造り込みを行うとともに、出荷時には15種類の品質検査を実施して保証書を作成・提出しています。

  • 改善活動ポスター

    より品質の高い金型を造るための一環として、各部門で改善活動に積極的に取り組み、その成果を社内の掲示板で紹介しています。これにより、情報の共有化を図るとともに、よりよいモノづくりに取り組む企業風土の醸成を行っています。

  • スキルマップ

    当社の金型づくりにおける特徴は、最先端の技術と職人技による技能を融合していることにあります。特に、技能面については、技能者一人ひとりのスキルを目に見える形で指標化したスキルマップを作成。自己研さんに努めていく社風を生み出しています。

検査機器 | CMM 3D自動測定機でのパネル実測風景